【QlikView入門】日単位のデータから月単位の売上グラフを作成する(ロードスクリプトを利用する方法)

qlikview

日単位の売上データから月単位の売上グラフを作成したいことがあります。今回は、データロード時に「年月」の項目を自動生成して追加する方法で実現してみましょう。

今回の目標

QlikViewに付属しているサンプルデータを使用して、データロード時に日単位の項目「ShipDate」から月単位の項目「年月」を追加します。
この練習をとおして、ロードスクリプトの使い方を覚えましょう。

下のイメージのように月単位の売上グラフを作成できるようになります。

日単位の日付情報から、月単位の売上グラフを作成することができるようになります

日単位の日付情報から、月単位の売上グラフを作成することができるようになります

今回使用するデータ

今回はQlikViewに含まれているサンプルデータを使用します。QlikViewをインストールしたフォルダに格納されています。

C:\Program Files\QlikView\Examples\Data\Sales Orders.xls

形式はEXCELです。EXCELでファイルを開いてみましょう。

QlikViewに付属するサンプルデータ

QlikViewに付属するサンプルデータ。自転車関連商品の売上データです。顧客ごとの販売数や売上等の情報で構成されています。

解説

説明が長くなるので、ファイルのロード操作はできることを前提として、具体的な操作方法は省略します。

項目「年月」を追加するために、ロードスクリプトに次の一行を追加して、リロードしてあげれば完了です。

makedate(Year(ShipDate),Month(ShipDate)) as 年月

項目の位置はどこでも構いませんが、今回はQuantityの後に追加します。(カンマの位置を間違えないように注意してください)

ロードスクリプトに年月の項目を追加する

ロードスクリプトに年月の項目を追加する



このあとはクイックチャートウィザードなどを使って、グラフを作成すればよいでしょう。
これで月単位の売上グラフも簡単に作成できるようになりました。

QlikViewを短期間でマスターするには書籍を読んでみるのもよいでしょう。

writer has written 22 articles